2012年03月24日

◆格言がすき☆鬼塚喜八郎




志のあるところに道は拓(ひら)かれ、

求めるところに師は現れる。



by 鬼塚喜八郎(アシックス創業者)




その昔、勤めていた会社では
「どうしたらいいですか?」という質問は
すごく嫌われていた。というか、怒られた。

自分の考えなんてなしに、相手に全て委ねてる質問であり
それは、その会社では仕事としてみなされない。
でも職場によっては、これが普通だったりするから驚きだ。


古き良き、未だに男性上司を部下の女性が支えて、
なんていう職場では「どうしたらいいですか?」
女子を、実は男性上司は求めていたりもする。
なので一概にはいえないが、
世の中の大半の職場は、既にそうではない。


「これこれこうしたい、こうしようと思います。
理由は、こうだからです。よろしいですか?」
もしくは、
「もっとこうしたいけど、ここが分かりません。教えてください」
的な質問でないと、返された。
「分かりません」だけで止まるとこれまた、
言語道断だったりした。
思考停止状態の社内のゴミ扱いだ。


会社の文化というのは恐ろしいもので、
こういった考え方は、その後の仕事人生を
大きく左右してしまう。



若者からよく質問される「いい会社」って、
その後、数十年続くであろう仕事人生の中で
最初の一歩の、こういった基礎体力というか、
基本的な筋肉をつけてくれる会社のような気がする。
これはぜひ、若いうちに身につけてほしい。


歳とっても、その筋肉をつけられる人も勿論いるが、
かなりの柔軟性や視野の広さが必要だ。
多くの再就職者を見ているが、そんな人は滅多にいない。
だから、中年以降になってもびっくりするぐらい
実力も能力もない人が実はいたりする。
だったら全て言いなりになれればいいが、そうもなれない。
これは痛い。


何かを成し遂げたい、でも絶対一人では何もできない。
どうすればいいか、迷ったり悩んだりしても
仕事の基礎体力をまずはしっかり持って、
常に前に進んでいると、必ず道は開けてくる。
協力者も現れてくる。


実力あっての志だと思う。

同じカテゴリー(☆格言がすき)の記事画像
格言がすき☆寺山修司
格言がすき☆恋文大賞®
格言がすき☆マザーテレサ
格言がすき☆レオナルド・ダ・ヴィンチ
格言がすき☆ジョセフ・マーフィー
格言がすき☆アーサー・サイゲル
同じカテゴリー(☆格言がすき)の記事
 格言がすき☆寺山修司 (2012-09-24 23:04)
 格言がすき☆恋文大賞® (2012-09-17 06:38)
 格言がすき☆マザーテレサ (2012-03-13 08:02)
 格言がすき☆レオナルド・ダ・ヴィンチ (2012-02-14 23:09)
 格言がすき☆ジョセフ・マーフィー (2011-11-29 08:01)
 格言がすき☆アーサー・サイゲル (2011-10-26 08:01)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。