2010年11月11日

◆高野山日帰りの旅☆金剛峯寺

奥の院を堪能した後、引き返し帰りながら、
「おお、〇〇さんの墓があるー!」
「へえー!ほおー!」ってな騒ぎで(非常に不謹慎)
写真は遠慮しましたが


結構、会社単位の墓石もあり
びっくりしました。


日本の古き良き考えかもしれません。
死してなお、従業員を会社として弔う、
社員は家族なんですな。


「そういえばさあ、内定者研修や新人研修で
墓参りって企業あったよねー」
そうなのである。
まず、会社の墓石に参る。
それが研修の始まりだったりする。


卒業生達から聞いた情報を話しつつ。
墓を見ながらああでもないこうでもないと
語り合うアラフォー女達。
どんな絵柄だ。


それ以上に驚いたのが、若者の多さ。
カップルも沢山来ている。
今、一部で密かに流行っているらしい、
「有名人のお墓巡りツアー」といった
ものではなく、本気で参ってる若者も多い。
マイ数珠を片手に、ちゃんとお作法を守り
礼儀正しく参拝している茶髪に革ジャン、ダウンの若者達。



日本もまだまだ捨てたものではない。
と、喜ぶのはあたくしだけ?




バス停まで戻り、腹ごしらえ。







寒かったので、鍋焼きうどんにしました。
ほんとに鼻水たらたら・・・。


そして次は、またバスに乗り移動。


金剛峯寺に向かいました。


<金剛峯寺>

弘法大師の時代、金剛峯寺とは
高野山全体を指す名称でした。
その後、文禄2年(1593年)に
豊臣秀吉の亡母の菩提を弔う為に建立された青厳寺が、
明治2年(1868年)に興山寺と合併。
以後、寺院を指す名称となりました。


あたりは紅葉が見事です。
一部ですが・・・。







この後、また雨が降ってきて入り口付近は
写メれず・・・・(ー_ー)!!



中に入ると、撮影禁止が多かったのですが
見事な襖絵が印象的でした。



当時の生活用品もそのままで
「おおおお!これ、時代劇で見たよねー!」
なんて大騒ぎしていました。









薪と窯で飯を炊き、日が暮れたら眠る。
人間と自然の摂理のままに生きていく。
現代では得られない優雅さというか、
ゆっくりとした時間を感じました。






と、他にもまだまだ見どころがある高野山ですが
日帰りではここまで。
宿坊が人気のようで、
団体さんがザクザク入っていらっしゃいましたね。



外国人の方の多さや、
数珠を持った若者、
カップルで手をつないで来てたのが
印象的でした。


イマドキの若者は、とついついそんな事を思いがちですが、
いやいやまだまだ大丈夫。
流行りだからかもしれないけど、
こういった事に関心を持ったり、
触れてみるのはとてもいい事。


色んな意味で元気を貰った高野山でした。




高野山日帰りの旅☆高野山ケーブル
http://okunee.tenkomori.tv/e204499.html

高野山日帰りの旅☆奥の院
http://okunee.tenkomori.tv/e204664.html

高野山日帰りの旅☆紅葉
http://okunee.tenkomori.tv/e204672.html



同じカテゴリー(☆パワースポット)の記事画像
由岐神社~鞍馬温泉☆京都
姫路護国神社☆姫路
二宮神社☆三宮
吉田神社☆京都
伊勢神宮内宮☆お伊勢参り
伊勢神宮外宮☆お伊勢参り
同じカテゴリー(☆パワースポット)の記事
 由岐神社~鞍馬温泉☆京都 (2012-11-07 05:09)
 姫路護国神社☆姫路 (2011-07-19 08:20)
 二宮神社☆三宮 (2011-05-14 16:25)
 吉田神社☆京都 (2011-04-28 23:34)
 伊勢神宮内宮☆お伊勢参り (2011-03-06 17:00)
 伊勢神宮外宮☆お伊勢参り (2011-03-06 09:30)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。