2010年05月24日

◆「また会いたい!と思われる自己紹介のルール」出版記念セミナー

究極の雨女のあたくしが動く時、
やっぱり・・・結構な雨が降る。

なので、昨日参加した
プレゼンテーション&教え方専門コンサルタント
田中省三先生のセミナーも・・・



豪雨でした・・・・。
あたくしのせいではないと思いつつ・・・(思いたい)
(心の中で)先生、そして皆さんほんとごめんなさい(汗)
でも先生にお会いするのはほんとに久しぶりで
昔の自分を思い出しつつ、楽しく参加してきました。



今回は、先生の3冊目の著作
「また会いたい!と思われる自己紹介のルール」出版記念セミナー





先生は、昔あたくしが1日セミナーを受講した時に
うまく話せないことを相談したら
とても丁寧にお答えくださり、励まして頂きました。
その時に、先生に教えられた最大のことは・・・

本当の意味で「相手の立場になって考える」ということ。

自分が伝えたい事を伝えようとするんじゃない、
ということを、熱心にお教え頂きました。
とっても感謝しています。


さてさて、肝心のセミナーの内容ですが
「自己紹介」ということにフォーカスして、
理論&実践ロープレで楽しく進行しました。
スピーディーな進行ですが詰め込み感なく、
とても充実した内容でした。

1「聴き手が思わず引き込まれる自己紹介」ができる大原則とは?

2.人に好印象を与え、信頼を得るための鉄則とは?

3.瞬時に人の心をつかむ伝え方とは?

4.初対面の方の記憶に残り、「また会いたい!」と思われる秘訣とは?

5.これさえあれば自己紹介が成功する「3つポイント」とは?

6.「人脈を広げる極意」とは?

7. 【極秘】 「外的●●」と「内的●●●」が決め手!

→ 本には書ききれなかった「最重要ポイント」とは?

これ以外にも、先生の言葉の使い方、話し方、ジェスチャー
例え話の使い方、すっごい参考になってテキストは書き込みだらけ。


「知っている」という段階と、
「できる」という段階には大きな違いがあります。


自己紹介ってかなり大事なんですよね。
そこがうまくいけば、かなりその後の進行がスムーズになるし、
逆に、雰囲気悪かったら最悪な流れになってしまいます。

やっぱ、自分はまだまだだなあと反省しきり・・・

あたくしの場合、場面場面で対象がかなり違うので、
その違いに自分がどれだけ合わせていけるか・・
自己紹介文って新人時代に上司に特訓受けた時しか
レジュメも書いてなかったので、
今度はちゃんと原稿起そう!と決心しました(汗)


そして、こういった場はやはり意識が高い方が集まるので
色んな出会いがあって楽しかったです。
偶然ですが姫路の方もいらしてビックリ☆
するやわ嬉しいやら・・・。


いつか先生に姫路に来て頂きたい!という
新たな目標が出来たおくねえでした♪





田中省三
国立大学法人・愛媛大学・客員准教授
(神奈川県在住のため、集中講義のみ担当)
プレゼンテーション&教え方専門コンサルタント
 
【連絡先】
 プレゼンテーション&教え方の極意・事務局
 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-2-2 小川町B5ビル5F
 TEL 0120-178-364 
 FAX 0120-278-364
 http://www.tanakashozo.com/  

同じカテゴリー(☆自己啓発)の記事画像
成功できる人の営業思考
ギリシャ展☆神戸市立博物館
いま、あなたに何ができるのか☆田坂広志
座右の銘メーカー☆
めざせ!会社の星☆NHK
若手社員が化ける会議のしかけ@前川孝雄
同じカテゴリー(☆自己啓発)の記事
 成功できる人の営業思考 (2012-09-19 05:25)
 ギリシャ展☆神戸市立博物館 (2011-05-08 09:56)
 被災時にできる子どものこころのケア (2011-04-17 23:29)
 いま、あなたに何ができるのか☆田坂広志 (2011-04-13 11:08)
 座右の銘メーカー☆ (2011-03-29 20:22)
 安心のための行動ポイント☆ご参考 (2011-03-18 09:37)

この記事へのコメント
お久♪

題名だけみて、おくねえが出版したんかと思た・・・^^
最近自己紹介する機会が増えてきて、引きこもりたくなってきている今日この頃TT

本買ってみようかな~
Posted by わっちわっち at 2010年05月24日 11:10
>わっちさん

おヒサです♪

その歳でひきこもったらあかんがな。

本ぜひ買ってみて!
Posted by おくねえおくねえ at 2010年05月25日 09:41
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。