2009年10月08日

◆ココ・アヴァン・シャネル

てんこもりでも皆さん書かれていた

『ココ・アヴァン・シャネル』を
見に行って参りました。



もともと映画好きで子どもが生まれる前は
毎週のように見に行ってましたが出産とともに
減り・・・今回は久々の大スクリーン♪


シャネルというとどうしても、
女性のキャリア進出やサクセスストーリーを
思い浮かべてしまうので、
そのイメージからいくと内容は違ってました。

ですが女性特有の生きずらさや閉塞感、
もがき悩みながらそれでも生きようとする
強さと弱さのバランスはリアルに感じました。


時代背景的に、どうしても仕方ないけど
スタートが水商売や愛人といったところが
この時代の女性の悲しい部分だよなあ。。。

でも、そこから抜け出そうと考えた
ココはさすが。


あくまで自分に貪欲というか、
自分を貫けるのは圧巻でした。


そして主人公のオドレイが、
最初はやぼったかったのですが
どんどん洗練されていき、
自信を持った表情になり、
顔つきが変っていくのがワクワクでした☆


でも最後まで、
何かが満たされないような
影を感じたのはあたくしだけでしょうか。



そして・・・途中から、
男の力もめいっぱい吸収しながら
貪欲に生きていくココを見ててあたくしが
ずーっと思い出してたのは実は・・・・↓


「つまらぬ男と結婚するより一流の男の妾におなり」

という本のタイトルです(笑)

昔、書店でタイトル見て
ひっくりかえりそうになりましたが
強烈で今でも覚えております。
読んでみようかねえ。


カマキリは交尾しながらオスを食い殺しますが
女とは、そういうものかもしれません・・・。


同じカテゴリー(☆自己啓発)の記事画像
成功できる人の営業思考
ギリシャ展☆神戸市立博物館
いま、あなたに何ができるのか☆田坂広志
座右の銘メーカー☆
めざせ!会社の星☆NHK
若手社員が化ける会議のしかけ@前川孝雄
同じカテゴリー(☆自己啓発)の記事
 成功できる人の営業思考 (2012-09-19 05:25)
 ギリシャ展☆神戸市立博物館 (2011-05-08 09:56)
 被災時にできる子どものこころのケア (2011-04-17 23:29)
 いま、あなたに何ができるのか☆田坂広志 (2011-04-13 11:08)
 座右の銘メーカー☆ (2011-03-29 20:22)
 安心のための行動ポイント☆ご参考 (2011-03-18 09:37)

この記事へのコメント
いや~女性は どんな時も強いですよね^^

子どもを産む度にパワーアップしてくる・・・^^;
(我妻)
Posted by 旭ホームズ トモ君社長旭ホームズ トモ君社長 at 2009年10月08日 18:09
観に行かれたのですね~^^

私も、女性のキャリア進出やサクセスストーリーを想像していましたが、
違いましたね^^


カマキリのお話、衝撃です(笑)
Posted by ayumiayumi at 2009年10月08日 20:21
こんばんわ~

妾という漢字が読めず、思わず調べてしまいました(笑)
今は女性も社会で生きていく時代。
この映画、まだ見ていないので、私も見てみたいです(^-^)
Posted by みいこみいこ at 2009年10月08日 21:15
>トモ君社長様

ははは!

そうですね、女は年々、強くなりますよ!

男性も頑張りましょう(笑)
Posted by おくねえ at 2009年10月09日 07:38
>ayumiさん


同感です(笑)

あと、あの舞踏会の黒のドレス、
可愛かったですねー!
全身見たかったなー。

あたしも、全体的に黒が印象的でした。

カマキリ、衝撃でしたか。
女はみんな、カマキリの雌ですよん(笑)
Posted by おくねえ at 2009年10月09日 07:41
>みいこさん


妾・・・(笑)

今、こんな古い単語使いませんもんねえ!

キャリアの部分はそんなになくて、
どちらかというと恋愛映画でした。
Posted by おくねえ at 2009年10月09日 07:42
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。