2012年02月28日

向き合う

しばらく、ブログをお休みするか止めようと
思っていました。



当たり前のことですが
何かを発信するって、元気でないと出来ない




元気でない自分は、発信しにくいです。



でも昨年から今年にかけて、体調が芳しくなく
ちょっとヘビーな状況が続いてて
自分の所在が、ずっとゆらゆらとしてました。



全てオープンな人もいるし
一切出さずに消える人、
隠したまま偽りの元気を発信出来る人もいます。
いずれも、人それぞれ。


自分がどれなのかは分からないけど、
嘘はつけないというのと、
でも他人が聞いて重過ぎるのもどうかと。
なので今の妥協点での「正直さ」ですが。





うまくいえないけど、
スーパーマンみたいな人がどうしても目立つけど、
でも現実は、よろよろしながらでも
一生懸命生きてる人がきっといっぱいいて
その一人ひとり、みんなが愛しくて
みんな頑張りましょうよってことだけは思ってる。




この年になったら色々あるもの。
病を抱えながら、働いてる人は世の中一杯いるし
それ以外にも、例えばもっと色んな問題抱えてる人もいる。
あたしなんかまだまだひよっこで、
もっと苦労や大変な人が世の中大半だ。



病院ずっと行ってて、改めて思ったのが
こんなにも病気の治療をしている人が多いという現実。
月並みだが、自分だけじゃないということだ。
仕事の合間に来てるらしきスーツ姿の人、
家族の為に自分を犠牲にして介助してる主婦らしき人、色々・・
どなたも大変な思いを抱えながら、それでも頑張ってる。


医者にも色々質問したり、自分なりに調べたり
怖いと思ってた病気が実は予備軍的な人は大勢いて、
皆あたしみたいに様子を見ながら普通に生活してることも分かった。


色んな意味で向き合おうと思った。


何かの本で読んだが、病気になるということは
その人に対する神様のメッセージだそうだ。


確かにそうだ。
ちゃんとした生活しなきゃとか、
人に感謝するとか、改めて考えるようになった。
幸いなことに食事制限はないが
外食は行っても嗜む程度でバッサリ残して
(なくなるとストレスになるから)
日々はお弁当生活で定着できた。


今まで気にとめていたあれこれは小さなこと、と
どうでもよくなった。


ある意味とてもふっ切れたのは病気のお蔭だ。
これはきっと、未熟なあたしへ神様のメッセージ。
きっとこんなことでもなければ、
きちんと己を振り返れない、ふがいない人間なんだ。



休みながらでも来てくださいって言ってくれた
仕事先には感謝。普通ならクビなのに。
自分がしたいこともいいけど、
必要とされる所でふんばるのが今の自分ということだ。



でも、暗く凹んではいられない。
おおらかに楽しんで、笑って、頑張る。
バリバリ仕事して、お洒落して、美味しいもの食べて、
友達と遊んで、子ども達と喧嘩もして、元気で。



たまには凹むけど大丈夫って、心から信じる
きっと元気になるって根拠のない自信があふれてる。



そんなのが、あたしらしいって思った。




楽しくいきましょう。  


Posted by おくねえ at 09:16Comments(4)キャリコンのひとりごと

2012年01月08日

孤独と怠惰






マザーテレサは様々な国を訪れた際、
その国で一番貧しい地域に朝、訪問していたそうで


「その国のことを知るには
大変な地域の朝(明け方)を見れば分かる」




日本に来日した際の訪問先は「あいりん地区」



当時の彼女が驚いたのは、
日本のホームレスが他の国に比べて太っていたこと



そして彼女の感想




「この国に貧困はない

あるのは孤独と怠惰です」





孤独  コミュニケーションスキルが低く

怠惰  本来出来るのにやらない




当時とは状況も大きく変わり、
本当の意味での貧困も増えているとは思うし
(断定出来ない様々な事情があるとも思うが)


これは仕事のあるないにかかわらず、
例えばどんなに偉くても会社勤めをしていても


ちゃんと人と協働できない人(自分のことしか考えてない)
やれるのにやらない人(それを姑息にごまかそうとする人)


は、残念ながら存在してる


特に、友人とか自分が気分いい人とは仲良くはできても
自分と異なる人と関われない人もいる





マザーテレサは今の日本、日本人の課題を
ある意味、深く捉えていたように思う。



  続きを読む


Posted by おくねえ at 08:00Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年08月23日

絶対内定




就活生のバイブルの元祖ともいえる
「絶対内定」の著者、杉村太郎さんが死去された。
47歳だった。


この仕事を始めたばかりの新人の頃、
とにかく勉強するためにありとあらゆる本を読んでいたし
常に情報は入れるようにしていた。
その中の、代表的な一冊だった。



有名な方の本だからといっていいとは限らない。
正直、「え・・こんなのが?」と思うものも
個人的には、実はある。
合う合わないもあるけれど、
彼の著作は(全てではないけれど)
とても好きな方向性だった。


キャリアは自分でつくるもの、
そして、仕事を作るのが仕事という考え方は
あたしの信念にフィットしていた。



報道にある「原発不明癌」という言葉は
意味が分からず怖かったけど、
同年代の彼がこんなに早く逝ってしまうことに
言葉に出来ない不安も感じた。


以前も書いたことがあるが、
この仕事・・人の支援をするという仕事は、
他人の人生に向き合うのが仕事。
身を削る、という表現が
本当にあてはまると思う。

人の人生の岐路には、昼も夜もない。
夜中に仕事することも少なくない。
また、常に多くのことを知ってて当然なので
努力なんて当たり前すぎて言葉にも出来ない。

普通の健康な生活をしたい人は
絶対にやめた方がいいとしか言えない。
(勿論、この仕事以外にも過酷な仕事は沢山ある)



杉村氏と、その著作や就活塾に関しては
賛否両論あるようだけど、
彼が多くの若者の人生に関わったという事実は
変らないと思う。


心から、ご冥福をお祈りします。  


Posted by おくねえ at 00:16Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年07月30日

終わり☆






先日、ここ数年担当させて頂いていた
ある事業を終了させて頂いた。


こちらの都合でとても申し訳ないけれど
ひとつしかない体と時間、
悩んだ末の結果だった。



今回終わった事業も、
自分なりにとても思いを持ってたので
本当は、とても辛い。
スタッフの方にも恵まれていた。
ああ、もっとやりたかったと、
きっと思うだろう。



でもそこに留まっても成長できない部分があって、
こうやって新陳代謝していくしかないんだろうけど。





この数年、こんな出会いと別れの繰り返しだ。


とても有難いことに

  続きを読む


Posted by おくねえ at 23:22Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年07月28日

新聞掲載☆





企画段階からだと半年以上




3ヶ月間コースのプログラムが
26日の神戸新聞に掲載されました☆


「若者の視点でアイデア発表」


受講生の皆が企画した、
B1グランプリのアイデアをプレゼンテーションする発表会




参加者の笑顔が、何よりでした♪



関係者のみなさま
受講生のみんな




・・・・ほんとに、ありがとう。。。。



  


Posted by おくねえ at 23:23Comments(2)キャリコンのひとりごと

2011年05月22日

人との出会い☆

昨日は、すごい人でしたね。





普段の姫路ではありえない人手、
みゆき通りは、すごい行列と行進でしたよ☆

商店街も活性化されて良かった♪

今日はいまいちなお天気なので
どうなるのかなあ☆


と、姫路で勉強会の後、
夜は大阪で人に会っておりました。

  続きを読む


Posted by おくねえ at 08:36Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年05月20日

ネットとの付き合い方☆





初夏のような日差しのキャンパス
新緑の大木がいっぱい


めっちゃ気持ちよくて好き♪




ところで、フェイスブックなるものが
流行っていますね。(今更か?)
ここからは、ほんと思ったことのひとりごとです↓
  続きを読む


Posted by おくねえ at 12:02Comments(2)キャリコンのひとりごと

2011年03月25日

差し入れ☆




姫路での面談日はおやつを頂くことが多く


赤相みのり赤穂作業所さんで作ってるケーキ



桜の香りがして「春」って感じ
手作り感がほっとします。



面談の合間に、今日は来期の企画書作成。  続きを読む


Posted by おくねえ at 21:43Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年03月19日

人を支援するということ②



3月、期末という中で周りも慌ただしい。
この仕事は殆どが契約制なので、来月からの仕事が
どうなるか分からない、という不安を抱える同業者も少なくない。
そんな時でも、当たり前だが人の相談にのらなくてはいけない。


NPOみたいな株式会社「シェアするココロ」を経営する
石井さんのブログにとても共感できる記事があった。
>以下引用


>僕らの仕事って、ときに孤独じゃないですか。
特に新米のうちはさじ加減がわからなくて、
先輩に深入りし過ぎんなよとか、たしなめられたり、
利用者から、全然わかってくれてないとクレーム言われたり…。

管理職的には、後輩のしんどさが身近過ぎて見えなかったり、
フォローしてあげれなかったり…。

  続きを読む


Posted by おくねえ at 07:34Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年03月12日

こんな日に・・・。



全国的に大きな被害が出ているこんな日。



・・・お仕事です(>_<)


テレビには同じ国で起こる悲惨な映像、
やっぱ心配で落ち着かない。


今日のセミナー、やってていいのかな。
あたくしが主催者じゃないので決めれないのですが(;´д⊂)



とりあえず…
いってきます☆  


Posted by おくねえ at 07:25Comments(2)キャリコンのひとりごと

2011年03月11日

マックかミスド☆コーヒータイム




今さっき、ここでしたわ



マックでもコーヒーおかわり可になって
ミスドかマックか迷うこの頃


どこの駅前にも必ずといっていいほどあるこの2店、
客にとっては便利だよね。




個人のお店・・・・
とっても申し訳ないけれど、
味もサービスも当たり外れが大きい。
高いからっていいとは限らないし。




だから、決して高くはない1杯のコーヒーだけど、
お金払ってわざわざ気分悪い思いをしたくもないから
つい確実なチェーン店に行ってしまう。




割引チケットとかクーポン、やたら流行ってるけど
あまり好きではない。ゴミになるから。
忙しく働く世代、出来るだけ財布の中身をゴチャつかせたくない。
はっきりいって数十円安いか高いかなんてどうでもいい。
多少高くても、美味しいものと質の高い接客サービスがあれば
絶対そっちに行く!
コーヒータイムくらいリフレッシュしたいもん。



駅前にいいカフェができますように!





  


Posted by おくねえ at 14:23Comments(0)キャリコンのひとりごと

2011年02月25日

泣く。祈る。





泣くって、最大級のアウトプットであり、
素晴らしいデトックスらしい。

そのせいか昔?「週末号泣」という書籍があった
(ような気がする)


すごく不思議に思った記憶がある。
この世の常識は、週末しか泣かないものなのか?


だってあたくし、しょっちゅう、泣きますから。
というか、毎日かなあ。



朝、新聞読んでも泣くし、TV見ても泣く。


多くは感動して。ちょっとしたことだけど。

でも、中には悲しいニュースもある。
(政治問題で泣いたことは1回もない。
笑うことは多いけど)



先日の、ニュージーランドの地震・・・
TVにかじりついて、ずっと泣いてしまう。
仕事に遅刻するんじゃないかと思うくらい
(ごめんなさい)


海外で勉強しようと頑張ってる若い学生達・・・
泣かずにはいられない。。。。


その日もあたくしは、学生対応していた。
同じように未来に向かって歩いていた同年代たち。
彼らの中の一人が、同じ状況だったら、
と想像しただけで、他人事とは思えない。


自分のことしか考えてないような
下らない大人が生きながらえて、
なんで意識の高い若い人が亡くなるのか?
などと、少々ナナメかもしれんが、そう思う。


そういうものだとか、
何々哲学とか人生学とか偉そうな理論ではなくて、
素直に、フツーの人間として、
やっぱり、割り切れないんだよね。


何も出来ない自分も、ある意味情けない。



何が出来るわけではないけど、
とにかく、祈ろう。
「祈る」って、意味は深く分からないけど
願うとか、想うとかより、強く、深い気がする。

強い祈りが、想いが、神様に届くことを祈っています。


  


Posted by おくねえ at 22:19Comments(2)キャリコンのひとりごと

2010年11月29日

かまたまうどんで考える☆つるまるうどん

今日は姫路でのお仕事日。



「つるまるうどん」でささっと移動麺。




「かまたまうどん」

2回目の来店ですわ↓
http://okunee.tenkomori.tv/e186457.html


今日もカウンセリング満員御礼。。。
悩んでる人が多いっつのも、どうかと思うけど。


帰り道、リアル友人のブログ更新見てて
  続きを読む


Posted by おくねえ at 23:59Comments(0)キャリコンのひとりごと

2010年11月13日

幸せに感謝する日





先日、息子の誕生日でした。



息子からのリクエストで、
「生クリームのケーキを1ホール
丸ごと食べたい」と言われたので
(娘は生クリームが苦手)
夢を叶えてあげました。





なので、息子以外の家族は
ショートケーキ(~_~;)


実践した結果、
「やっぱ丸ごと1個はきつい」と
お腹を抱えてた息子。。。。


幸せな悲鳴です(^0_0^)



苦しいくらいの満腹。
死ぬほどの空腹を知らない子ども達。


正直なところ、決して幸せとは思えなかった
自分の子ども時代を思いかえしても、
今の子ども達がどれだけ幸せかと思う。
わが子の環境に、とても感謝している。
無事に誕生日を迎え、健康で、笑えて、
全ての廻りへの感謝は尽きない。

  続きを読む


Posted by おくねえ at 07:59Comments(2)キャリコンのひとりごと

2010年11月03日

人を助けるということ

昨日はJR→環状線→京阪→御堂筋線

と、鉄オタなら万歳三唱のような一日でやんした。








合間に電話は鳴るわメールはバンバン入るわで
何でも集中する日は一度に全てがやってくる。


あたくしにとっては鬼門の、
11月だというのに。。。。

  続きを読む


Posted by おくねえ at 09:26Comments(2)キャリコンのひとりごと

2010年10月09日

今日、ここでしたわ・・・

合説会場です。








セミナーを担当させて頂き、
立派な看板まで作って頂きました。








どなたかもよくおっしゃってた台詞



恐縮です。。。。。。。。



相変わらずの雨女っぷりを
証明してしまった、
豪雨の合説でした。



皆さん、風邪引かないように。  


Posted by おくねえ at 17:44Comments(4)キャリコンのひとりごと

2010年08月26日

社員弁当☆





今日は大阪のとある企業。


今日から3日間、
従業員の方のキャリアカウンセリングです。



お昼はお弁当♪


久々のカイシャイン気分・・・



焼き鯖がご飯にしみてて、うまーい☆



一日中の面談、
正直、ちょいきついですが



頑張ります('-^*)ok  


Posted by おくねえ at 18:41Comments(0)キャリコンのひとりごと

2010年07月25日

死ぬかもしれない☆

大好きな京都。


だけど



死ぬかもしれないと思うくらい




暑い~!!!






でもさ、さすが京おんな達は違うわ。
この炎天下でも颯爽と着物着てはる。
めっちゃくちゃカッコいい!
そのオンナっぷりに敬礼したい気持ちだが



スーツ着ないかんってのも、かなり拷問です。



京都タワー見ながら、ボーゼンとしとりました。



ああでも、やっぱり暑くても京都は好き。



この夏も、旅芸人かなあ・・・・。  


Posted by おくねえ at 22:27Comments(0)キャリコンのひとりごと

2010年07月02日

天津飯と接客☆餃子の王将

餃子の王将ほど、有難いものはない。


いや、まあ、他にも有難いお店はあるけど・・


どこにでもあって、
メニューが豊富で、
確実にある程度のクオリティーが担保されており、
お値段的にも安心して入れる。

まあ、ダークスーツでサングラスで
手袋にストールの女は
ジロジロ見られるけどさ・・・。


お決まりの天津飯があたくしを呼んでました。





この、卵のふんわりさと
上にかかった餡と。
・・・・・安心するよね~♪  続きを読む


Posted by おくねえ at 20:39Comments(0)キャリコンのひとりごと

2010年07月02日

強みは何ですか?




フリーになってから、ほんとに楽になったことがある。


一番は、無駄な仕事をしなくていいということだ。


意味のない長時間の会議もなければ、
色んな偉いさんに「どの順番にお電話を入れるか」と悩むとか、
飛び込み営業に来た業者さんに一応の愛想をふるとか
怖い先輩に気を使いながら休憩のお菓子を配るとか


そんなストレスがない。


しかし、ある意味それも怖い。


好きなことしかしていないと、
わがままな人間になるかもしれない、
と恐怖感が襲ってくるのだ。



え?お前十分わがままやろって?


えーえー、そうです、そうですが・・・。



んで、本日のネタ。  続きを読む


Posted by おくねえ at 13:30Comments(2)キャリコンのひとりごと