2017年10月22日

キャリアコンサルタントになりたいというご相談





たまに更新しますと言いながら、ほんとにたまにというか
一カ月もたってしまったことに驚いているおくねえです。
うっかりしてると年を越してしまうなあと実感しました。

それはさておき

最近、毎日のように「キャリアコンサルタント(カウンセラー)を目指す方」からのご相談を頂いています。
キャリアコンサルタント養成講座が教育訓練指定講座になったからね。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html
「教育訓練給付制度・講座検索」で検索ください。


国はキャリコンを増やそうと制度や予算を投下しています。
有難いことです。賛否両論あるとは思いますが、
この国、地域の為に、働く人を増やそうというのはいいことです。

最初の話に戻りますが

例えば、今まで全然違う分野の仕事をしてたとか、
仕事から離れて数年経ってるとか、会社勤めの経験があまり無い方が、
資格をとっても仕事がないのではとおっしゃることがあります。

確かに、ドラマやネットで見るような(スーツ着て対面で微笑んでるような)
どこかの会社や公的機関での相談員やカウンセラーは厳しいかもしれません。
(運やタイミングも若干あるが、長くなるので別の機会に)
ただ資格とりました、だけの方は沢山いるのも事実です。

それでも厳しいこの分野でやってみたいのであれば、
まずは今、ご自身のいらっしゃる領域で、もっともっと専門性を高めて、
それを人に教えられるくらいの域になって頂くのはいかがでしょうか。

現在のキャリコンの働く領域は大きく分けて
企業領域・需給調整(公的機関など)領域・学校(教育機関)領域です。
最後に、今後もっと必要なのが「地域」だと私は思っています。

ここは現在、福祉やボランティアやNPO頼みの領域。
つまり、今はまだ未開拓の分野。

キャリアって必ずしも「会社で給料を貰って仕事する」だけではない。
ライフキャリアっていう言葉が少しずつ浸透してきてますが、
人生、生きる過程そのものがキャリアですよね。

育児や介護、自身の治療と両立しながら働くにはどうすればいいかとか、
地域活動とか、自治会とか、ボランティアとか、シニアの生きがいとか。
例えば私が以前、PTAの役員をした時、こんな世界があるのかとびっくりした。
(長くなるので別の機会に)
でも、現状でその分野での専門家と言える方は、キャリアコンサルタントとは別の領域。

だったらその分野を得意とするキャリアコンサルタントがいてもいいと思うのです。

昔、若者支援していた時によく思ったのが、
家庭生活で学ぶような事を出来ない子の多かったこと。
自分の身の回りの事も満足に出来ないのに、社会に出れるわけないんだよね。

例えばシャツのたたみ方とか、簡単な食事の作り方、外食する時のマナーとか、
そんな「基本的な生活指導を得意とするキャリコン」がいてもいいし
「働きながら育児をする方法やママ友との付き合い方を教えてくれる主婦キャリコン」
「地域活動のふるまい方を教えてくれるおじいちゃんキャリコン」がいてもいい。
それぞれ、若年支援、女性のキャリア支援、シニアの再就職支援で重宝がられると思うし
医療や介護の分野に詳しいキャリコンも必要です。

職務経歴書の添削や面接指導以外にも、
もっともっと多様なキャリア支援があってもいいと思います。
おくねえの友人も、自然活動や瞑想など
キャリア支援の中で様々な得意分野を活かしてる方は沢山います。

もし今、これからキャリコンを目指すのであれば、
何でもいいから「これには絶対自信がある!」という分野で
まずは人に教えられるくらいまで頑張ってみる、というのをお勧めします。
  


2017年09月17日

キャリア理論のおさらい



先日から、今更、今更なんですがキャリア理論をおさらい始めてます。

思えば2004年リクルートに入社して、
わけわからんまま(笑)研修受けて
キャリアアドバイザー(カウンセラー)を始めました。

苦しみ楽しみ浮いたり沈んだりしながら
色んなことに首つっこんだり失敗し、色んな方に迷惑もかけました。
でも、一生の友達や仲間にも沢山巡り合うことが出来ました。

そして今。

キャリアコンサルタントを目指す方も増え、後輩達に教える機会も多く、
じゃあ何を羅針盤に?何を基にとなると、やっぱり基本で。
それがリクルートで学んだGCDFで、本当に良かったと思う。

この13年で随分とキャリア支援に関する仕事や現場は変わっていきました。
当時の自分は本当に恵まれていたなと、感謝しています。

と、同時に、国家資格になったけど
決して現場のキャリアコンサルタントにとって良い環境になっているとは言えなくて、
自分で切り開いていく力が更に必要になってるように見えます。

もうすぐ50歳。これからの自分に何が出来るか勝負です。  


2017年09月17日

おひさしぶりです。

「姫路のキャリコン☆おくねえブログ」
にご訪問いただいた皆様、ありがとうございます☆

「キャリアコンサルタント」という職業の「おくねえ」が
日々楽しみながら戦いながら時にはくじけながら、
以前書いていたブログを再び更新します。

この数年で、キャリアコンサルタントは国家資格になり、環境も随分と変わりました。
「キャリアコンサルタントになりたい」とおっしゃる方も増え、有難いことです。

「おくねえ」も年をとり(笑)ですがいい意味で変化を楽しんでいます。
たまにちょこっと更新しますので、宜しくお願いします。  2017.9月

                        おくねえ  


2013年01月20日

美人湯祥風苑☆摂津峡温泉

北摂エリアに天然温泉があるということで、
「美人の湯 祥風苑」に行ってきました。
JR高槻駅から無料送迎バスが出ているせいか、
仕事帰りのスーツ姿の方もちらほらいらっしゃいます。





お湯はヌルっとしていて温泉濃度がとても濃いのが分かります。
HPによると、温泉規格の倍も濃度があるようで、療養温泉にも合格しているそうです。

お勧めは、屋上にある露天風呂!
深さが三段階に分かれているので、浸かり方を選べます。
そのせいか、ちっちゃいお子さん連れの方も多いです。
館内に貼ってある入浴注意事項のポスターが面白く、
テルマエ・ロマエの番宣のようですが。










時間帯によって混んでるのがちと難点ではありますが、
お湯質がとても良かったのでまた行ってみようと思います。


「美人湯 祥風苑」
http://www.syofuen.co.jp/


  


Posted by おくねえ at 08:09Comments(0)☆温泉

2012年11月07日

由岐神社~鞍馬温泉☆京都

以前になりますが、京都の由岐神社に行ってきました。





スマホの設定的に、横向きにしか
アップできずにすみません。。。。

目的は鞍馬温泉だったのですが、
その前に参拝。

火難除や子宝、縁結びで有名らしく、
貴船神社にかけて様々な神社があり
皆さんここから「出発」されてるようでした。




ご神木は「大杉さん」と呼ばれてるらしい。
(同級生にいたなー)


http://www.yukijinjya.jp/index.html


貴船神社にかけて歩く人々が多く、
ケーブルカーもあるけれどすごい人で
体力もなかったのでここだけであきらめましたが、
時間と気持ちと体力あれば
じっくり山歩きで楽しいだろうなあ♪





初めての鞍馬温泉は、人の多さにびっくりしました。
外国人の方も多く、山と温泉を堪能している様子。
ここは内湯より露天風呂がメインでした。
全体的にはそんなに広くない。

洗い場が外と中にあって、最初は中にあるの気が付かず
すっごく寒い思いをして外の洗い場を使用。
しかもシャワーが暖まるのに時間がかかるとの事で、
親切な方が既に暖かくなったシャワーを譲ってくれた♪
初めての人はちょっと注意が必要ですね。

兵庫県には温泉が沢山あるせいか、
正直いってそんなにすごく特別感は感じず、
なんでこんなに人が多いのか分からなかったけど
久々の温泉は気持ち良かったです♪

  


Posted by おくねえ at 05:09Comments(0)☆パワースポット

2012年10月30日

手打ちうどん田舎や☆福崎

福崎の「手打ちうどん田舎や」さんに行ってきました。

壁に貼ってある「カルボナーラうどん」なるものが
どうしても気になり、チャレンジしてみました。





これが。めっちゃうまい!

パスタのカルボナーラより
あっさりしていて、でもクリーミーで。
次回は、他のメニューもチャレンジしてみよう。






関連ランキング:うどん | 福崎駅


  


Posted by おくねえ at 05:47Comments(0)☆兵庫県

2012年09月24日

格言がすき☆寺山修司





ふりむくな


ふりむくな


後ろには夢がない。



by 寺山修司(小説家・作詞家)




職場の近くには自然が多く、
行く道中にはコスモスと、ひまわりが同居する。

季節外れのひまわりは、夏の終わりに精一杯、
おひさまに向かって、咲いている(ように見える)

がんばれ、ってひまわりに言うあたしが実は
往生際の悪いひまわりに、励まされている。
おひさまに向かって。


夏の終わり。




  


Posted by おくねえ at 23:04Comments(0)☆格言がすき

2012年09月22日

鶏白湯ラーメン☆野里





ラーメンが食べたいと言う息子と
312号線沿いの「とりの助」さんへ。


餃子セットや唐揚げセットなど、
色んなセットがあるのが嬉しい。




鶏そばは濃厚なスープで
水菜があっさりといい感じです。



こうやって息子とご飯食べられるのはあと何年かなあ
いまいち子離れ出来ない母でした。

  


Posted by おくねえ at 23:20Comments(0)☆らーめん

2012年09月19日

成功できる人の営業思考

10月23日、女子営業のカリスマ太田彩子先生が
なんとなんと弊社研修で姫路・福崎にいらっしゃいます!




先生の著作のほんの一部ですが勉強中↑
今、本屋さんの営業系書籍に平積みされてます。


先生には「チームで進める提案営業実践法」という研修で
3日間ご登壇頂きます。
通常は営業女子のカリスマとして登壇される事が多い先生ですが、
今回の研修は何故か、申込みが男性ばかり・・・。


特に広報もしなかったのですが、早くから席は埋まり、
既に定員は超えていますが、せっかくのチャンス。
会場キャパギリギリまでお席は確保の予定。
それでも残席わずかという嬉しい悲鳴状態。


こんな田舎までとか、予算も充分でない中、
難しい事が多いのですが、
事業趣旨をご理解頂いた先生にはご快諾頂き、
今回の研修が実現しました。

夢はかなう、会いたい人に会える。
希望を与えてくださった先生。
そして、皆さんに感謝です。

太田先生の会社HP↓
http://www.belleffect.jp/

ブログ↓
http://ameblo.jp/belleffect/

「成功できる人の営業思考」↓
http://www.facebook.com/eigyoshikou  


Posted by おくねえ at 05:25Comments(0)☆自己啓発

2012年09月17日

格言がすき☆恋文大賞®





「決意の日」父さんへ

「父さん、恥ずかしいから参観日に来ないで!」
小学校最後の父親参観を拒んだ時の、父さんの悲しそうな顔は、
十年経った今でもぼくの脳裏に焼き付いています。
ぼくは塗装職人の父さんを恥ずかしいと思っていました。
ペンキだらけの服に、ガサガサの手、シンナーくさい車。そのすべてが大嫌いでした。
ぼくが風邪をひいても、母さんと二人で現場に出て、
朝早くから夜遅くまで、休みもなく働き続け、おまけに冬は出稼ぎで本州に行く。
ぼくは寂しくて、父さんと母さんの苦労も知らず、自分勝手に反抗していました。
自分のいたらなさを親のせいにして、家出もしました。
あの日、「もう家には帰らねぇ!」と睨み付けたぼくに、
「ちゃんと飯食ってるのか。風邪ひいてないか」と、父さんは笑顔でした。
殴られると思っていたぼくは拍子抜け。こぶしのやり場に困りました。
父さんがすい臓がんで余命1か月と告知された日も、ぼくは家に帰らず、遊び歩いていました。
父さん、ごめんなさい。
なぜ反抗したのか、自分でも理由がわかりません。
父さん、会いたいです。話したいことがたくさんあります。
孝行したいときに親はなし、と言いますが身に沁みます。
高校の卒業式に、父さんからもらった三行の手紙は、ぼくの宝物です。

「卒業おめでとう。父さんはペンキ屋の仕事に誇りを持っている。
命を懸けている。千ヒロもそんな仕事に巡り合ってほしい。
職業に貴賎なしだよ」

父さん、ありがとう。
ぼくは薬剤師を目指して薬科大学に行きましたが、どうしても父さんの跡を継ぎたくて、
大学をやめる決意をしました。
父さんが死んでからは、母さんの仕事も激減し、抜け殻のようになっています。
今日は父さんの命日です。
ぼくの決意が正しいかどうかはわかりませんが、明日から母さんと一緒に現場に出ます。
父さんの分まで、母さんに孝行するつもりです。

父の志を 受け継ぐ心 実直に



by 角谷 千飛路 
第二回KYOTO KAKIMOTO 恋文大賞®より
心に残っていたので引用させて頂きました。

http://www.koibumi-kakimoto.jp/koibumi_vol02/


幼い頃に亡くなった父親の記憶って、うっすらとしかない。
けど、見てくれている、という意識はいつもどこかにある。

それでいいんだと思う。  


Posted by おくねえ at 06:38Comments(2)☆格言がすき